読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁に対する関心が深まります「ヒカルの碁」

ちょっと前まで「ヒカルの碁」にハマっていました。

これって当時すごくブームになって囲碁をやる子供が増えたんですよね。
今まで囲碁というものをやったことがなかったのですが、こんなにも面白そうなものなのかと思い、まさしく目から鱗でした。
ヒカルがsaiと話せるようになって、だんだんと囲碁に対する知識を深めていくところが興味深いです。
私は、ヒカルたちが強くなって世界戦に臨んでいく場面よりも、むしろ学校の囲碁部でやっていたころのほうが好きですね。
なんだか和気あいあいとしていて可愛らしくて好感が持てます。
この漫画の中における、自分的な推しメンは進藤ヒカルではなくて、和谷義高でした。
和谷もプロ試験に合格したりしてすごかったんだよなあ、などと今更ながらに感じています。
囲碁にぜんぜん興味が無い人でも、安心して読める良作だと思います。