読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「プラチナエンド」はさすがの一言

大場つぐみ小畑健の話題の最新作ですね。

圧倒的に緻密で美しい小畑さんの絵。

設定と展開がとてもおもしろい大場さんの原作。

さすがの一言につきます。

連載開始時点で大きく取り上げられていましたからこれは読まねばと思っておりました。

今回は悪魔ではなく天使が登場します。

神様の命を受けて人間界にやってきた13人の天使は特級・一級・二級とレベル分けされています。

そして神様の候補になる人間に目をつけて天使の力を授けます。

これが天使のレベルによって授けられる力に格差があります。

どこへでも飛べる翼と、男でも女でも刺せば33日間自分を好きにさせられる赤い矢、瞬時に殺せる白い矢の三種類です。

これが特級だと全部、一級だと翼と赤い矢、二級だと翼か赤い矢のどちらか。

あれ?

二級天使に見初められた時点でなかなかのハンデになっているような・・・

大富豪でど貧民がいきなりいいカードを持っていかれるような屈辱感です。

天使なのに・・・

主人公は家族を失い親戚の家で虐待されてきた明日(みらい)くん。

学校に友達もおらず卒業式もひとりぼっち。

自殺しようとしたところに天使が現れて天使の力をもらい、神候補になります。

本人は普通に生きたいと思うのですが神候補になれば神になるための争いに巻き込まれるのは必至。

殺すか殺されるかの戦いが始まってしまいました・・・